【株主優待】ヤマダホールディングス(9831)自社商品割引券 ヤマダ電機

株主優待

【株主優待名人】桐谷広人さんもお勧め銘柄❗️

ヤマダの株主優待について

自社のお買物優待券(割引券)1000円以上の買い物ごとに500円券1枚使用できる。

9月権利確定分(2023.12.11受取)

詳しくは会社HPにてご確認ください。

株主優待制度 -YAMADA HOLDINGS-
家電から家具やリフォーム、新築住宅まで「くらしをシアワセにする、ぜんぶ。」ヤマダホールディングス。

前回分、3月末日基準日(2023.7.3TY受取)

ヤマダホールディングス(9831)ついて

ヤマダ電機(ヤマダホールディングス)は、日本の大手家電量販店チェーンであり、日本国内外で事業展開しています。ヤマダ電機は、家電製品や家庭用品、パソコン、スマートフォン、家具、カーナビゲーションなど、幅広い商品を販売しています。

ヤマダ電機は、1973年に創業され、以来、店舗展開や業績の成長を続けてきました。現在、日本国内に数百の店舗を展開しており、一部の店舗は大型店舗や専門店舗として知られています。また、オンラインストアも運営しており、ネットショッピングも利用することができます。

ヤマダ電機は、低価格と幅広い品揃えを特徴としています。価格競争力のある商品を提供することで、多くの顧客から支持を受けています。また、店内では専門知識を持ったスタッフが商品の説明やアフターサービスを提供しており、顧客のニーズに合わせたサポートを行っています。

さらに、ヤマダ電機はヤマダホールディングスとして、他の業界にも進出しています。例えば、不動産、金融、映画、飲食など幅広い事業分野で展開しています。

株式会社 ヤマダホールディングス -YAMADA HOLDINGS-
家電から家具やリフォーム、新築住宅まで「くらしをシアワセにする、ぜんぶ。」ヤマダホールディングス。

ヤマダ電機(YAMADA)

ヤマダデンキ|YAMADA DENKI Co.,LTD.
家電の事なら「ヤマダデンキ」におまかせ下さい。全都道府県に家電量販店を展開し、量販ならではの安さ、豊富な品揃え、配送ネットワークで暮らしをサポートいたします。郊外型店舗テックランド、そして都市型店舗LABI等どの地域でもヤマダデンキがサービ...

株【9831】の情報

【業種】家電

【市場】東証プライム

【株価】約4万3千円

(431円/2023.12.11)

【利回り】2.57%

【決算期】3月

(424円/2023.7.5)

ヤマダホールディングス【IR】

IR情報 -YAMADA HOLDINGS-
家電から家具やリフォーム、新築住宅まで「くらしをシアワセにする、ぜんぶ。」ヤマダホールディングス。

まとめ

商品券でなく、割引券なので少し使いづらい面もありますが、家電品だけでなく、洗剤などの消耗品をうまく購入して買い物すれば割引券もつかえると思います。なかなか株価は上昇しません(安定している⁈)が、家電以外に家、家具など下記のようにいろいろな分野にチャレンジしているので今後の発展に期待したいところです。

ヤマダホールディングスは、日本の大手家電量販店チェーンであり、さまざまな商品カテゴリーを取り扱っています。ヤマダホールディングスの今後の展望は以下のような要素によって影響を受ける可能性があります。

  1. オンライン販売の拡大: 近年、インターネットの普及によりオンライン販売が急速に成長しています。ヤマダホールディングスもオンラインストアを展開しており、今後はオンライン販売の拡大が期待されます。より使いやすいウェブサイトやモバイルアプリの開発、配送サービスの充実など、顧客のニーズに応えるための取り組みが重要となります。
  2. スマートホーム・IoT市場の成長: スマートホームデバイスやIoT(モノのインターネット)市場は急速に成長しており、これによって家電製品の需要も変化しています。ヤマダホールディングスは、この市場のトレンドに対応するために、スマートホームデバイスのラインナップを拡充するなどの取り組みが重要となります。
  3. マーケット競争の激化: 家電量販店業界は競争が激化しており、他の大手チェーンやオンラインプラットフォームとの競争がますます激しくなる可能性があります。ヤマダホールディングスは、顧客のニーズに合わせた効果的なマーケティング戦略や顧客サービスの向上に注力する必要があります。
  4. 新たなビジネス領域の探求: ヤマダホールディングスは、家電量販店だけでなく、不動産や金融などのさまざまな事業領域にも進出しています。今後は、既存事業の拡大だけでなく、新たなビジネス領域の探求や多角化戦略の検討も重要となるでしょう。

これらの要素を踏まえて、ヤマダホールディングスは顧客のニーズに柔軟に対応し、オンライン販売やスマートホーム市場などの成長分野に注します。

ヤマダホールディングスは、これまでの実績やブランド力を活かしながら、次の展望に向けた取り組みを行っていくでしょう。

  1. 顧客体験の向上: ヤマダホールディングスは、顧客満足度の向上に力を入れています。店舗内のレイアウトやデザインの改善、店員の接客力向上、商品情報の充実などを通じて、顧客がより良い買い物体験を得られるよう努めます。
  2. モバイルテクノロジーの活用: ヤマダホールディングスは、モバイルテクノロジーを活用した新たなサービスや機能の導入に取り組んでいます。スマートフォンアプリを通じた特典やクーポンの提供、モバイル決済の導入などにより、顧客の利便性を高めます。
  3. サービスの多様化: 家電製品だけでなく、保険やローン、レンタルサービスなど、顧客の幅広いニーズに対応するためのサービスの多様化が進んでいます。ヤマダホールディングスは、さまざまなサービスの提供を通じて、顧客の生活をサポートする総合的な企業としての地位を強化していくでしょう。
  4. グローバル展開の拡大: ヤマダホールディングスは、海外展開も積極的に進めています。アジアや欧米などの海外市場での店舗展開やオンライン販売の拡大に注力し、グローバルなブランドとしての地位を築くことを目指します。

ヤマダホールディングスは、顧客のニーズや市場の変化に敏感に対応し、イノベーションや多角化戦略を通じて成長を続けることが期待されます。ただし、競争の激化やテクノロジーの進化など、さまざまな課題も存在しますので、柔軟性と戦略的な判断が求められるでしょう。

株を始めるには

【株主優待】株主優待をもらうには『権利付き最終日』に購入する。「資産運用」株の始め方
株主優待をもらうには『権利付き最終日』に購入する。
株主優待のはじめ方【超初心者ガイド🔰】【やさしい株の勉強】『株の買い方』資産運用への道(新NISA)shareholder-benefits
株主優待のはじめ方【超初心者ガイド🔰】【やさしい株の勉強】『株の買い方』資産運用への道(新NISA)北の大地十勝

【株主優待】年間受取一覧

【株主優待】株主優待年間一覧 (受取月別リスト) index shareholder-benefits
【株主優待】株主優待年間一覧 (受取月別)shareholder-benefits 株主優待リスト 北の大地十勝

北の大地十勝(北海道)に移住

移住のきっかけ(rural migration. the coumtryside Hokkaido)北の大地十勝・北海道移住 「自給自足スローライフを目指せ!」
移住のきっかけ(rural migration. the coumtryside Hokkaido)北海道移住 田舎暮らし、DIY、自給自足のスローライフ、

【お勧め本】お金の大学

本当の自由を手に入れる

『お金の大学』両@リベ大学長

created by Rinker
¥1,540 (2024/05/20 20:18:36時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました