【株主優待】朝日放送グループホールディングス(9405)オリジナルQUOカード500円x年2回ABCテレビ【9月権利確定分】ASAHI

株主優待

朝日放送グループHDの株主優待について【ASAHI TV】

オリジナルクオカード(QUOカード)

500円分(年2回)

3月と9月(今回は9月権利確定分)

9月末日基準日(2023.12.4受取)

(前回3月権利確定分のQUOカード)

詳しくは会社HPにてご確認ください。

IRライブラリー | 株主・投資家の皆様へ | 朝日放送グループホールディングス
朝日放送グループホールディングスのIRライブラリーをご覧いただけます。

朝日放送グループHD(9405)ついて


朝日放送グループホールディングス(Asahi Broadcasting Group Holdings Corporation)は、日本のメディアグループであり、主にテレビ・ラジオ放送事業を展開しています。以下に、朝日放送グループホールディングスに関する基本情報です。

朝日放送グループホールディングスは、大阪府大阪市に本社を置き、朝日放送テレビ(ABCテレビ)と朝日放送ラジオ(ABCラジオ)を運営しています。また、子会社や関連会社を通じて、広告代理店事業、映画制作・配給事業、インターネットメディア事業なども展開しています。

朝日放送テレビは、関西地方を放送エリアとするテレビ局であり、主にテレビドラマ、バラエティ番組、ニュース、スポーツ中継などを放送しています。一方、朝日放送ラジオは、AM・FMのラジオ局であり、音楽番組、トーク番組、スポーツ中継などを提供しています。

トップ | 朝日放送グループホールディングス
朝日放送グループホールディングスのトップをご覧いただけます。

ABCテレビ(朝日放送)

朝日放送テレビ 6チャンネル - Asahi Television Broadcasting Corporation -
朝日放送テレビは、近畿広域圏を放送対象としたテレビの放送局です。大阪市福島区の“ほたるまち”の社屋から皆さんに楽しんでいただける番組を発信しています。

 

株【9405】の情報

【業種】情報・通信

【市場】東証プライム

【株価】約6万円 (641円/2023.12.5)

【利回り】2.07%

(663円/2023.7.6)

【決算期】3月

朝日放送グループHD【IR】

IRライブラリー | 株主・投資家の皆様へ | 朝日放送グループホールディングス
朝日放送グループホールディングスのIRライブラリーをご覧いただけます。

まとめ

  1. メディア業界の変化への適応: 近年、メディア業界は急速に変化しています。オンデマンドのストリーミングサービスやソーシャルメディアの台頭により、視聴習慣やメディア消費のパターンが変わっています。朝日放送グループホールディングスは、これらの変化に適応し、新たなメディアプラットフォームやコンテンツ配信方法を積極的に開拓する必要があります。
  2. コンテンツの多様化と強化: メディア市場では、視聴者の多様なニーズに応えるために、幅広いジャンルやフォーマットのコンテンツが求められます。朝日放送グループホールディングスは、ドラマ、バラエティ番組、ニュース、スポーツなど、さまざまな分野で魅力的なコンテンツを提供し続けることで競争力を維持・強化する必要があります。
  3. デジタルメディアの活用: インターネットやスマートフォンの普及により、デジタルメディアの重要性がますます高まっています。朝日放送グループホールディングスは、オンライン動画配信やモバイルアプリ、ソーシャルメディアなど、デジタルメディアを積極的に活用して、視聴者とのつながりを強化し、新たな収益源を見つける必要があります。
  4. 地域との連携と地域貢献: 朝日放送グループホールディングスは、地元の関西地方に深く根ざしたメディア企業として、地域社会への貢献も求められます。地域イベントの支援やスポーツの応援、社会的な課題に対する取り組みなど、地域との連携を強化し、社会的な信頼とブランド価値を築いていく必要があります。

これらの要素を踏まえ、朝日放送グループホールディングスは、メディア業界の変化に柔軟に対応しながら、以下のような展望を持つかもしれません。

  1. グローバル展開の拡大: メディアコンテンツは国境を越えて需要があります。朝日放送グループホールディングスは、海外市場への進出や国際的なパートナーシップの構築を通じて、グローバル展開を拡大することが期待されます。これにより、国内外の視聴者に対して魅力的なコンテンツを提供し、収益の多角化を図ることが可能となるでしょう。
  2. 技術革新への取り組み: メディア業界は技術の進歩によって大きな変化を遂げています。朝日放送グループホールディングスは、AI(人工知能)やVR(仮想現実)などの最新技術を積極的に活用し、新たな視聴体験やコンテンツの制作方法を開発することで、競争力を維持・向上させるでしょう。
  3. ユーザー参加型コンテンツの推進: 近年、ユーザー参加型のコンテンツが注目を集めています。朝日放送グループホールディングスは、視聴者やリスナーとの対話や参加を促す取り組みを進めることで、ファンコミュニティの形成やコンテンツのファンドメンタリティを高めることができるでしょう。
  4. 持続可能な経営への取り組み: 環境問題や社会的責任の重要性が高まる中、朝日放送グループホールディングスは持続可能な経営への取り組みを強化することが求められます。環境への配慮や多様性と包括性の推進、社会的な課題への取り組みなど、企業の社会的責任を果たしながら、長期的な成長とブランド価値の向上を追求するでしょう。

朝日放送グループホールディングスは、変化するメディア環境に対応しながら、地域に密着した情報発信と高品質なコンテンツの提供を維持し、視聴者やリスナーとの緊密な関係を築くことで、競争力を維持・強化するでしょう。

  1. プラットフォーム間のシナジー創出: テレビ、ラジオ、インターネット、モバイルなど、さまざまなメディアプラットフォームを有する朝日放送グループホールディングスは、これらのプラットフォーム間でシナジーを生み出す取り組みが重要です。例えば、テレビ番組とオンラインコンテンツを連携させる、ラジオ番組とソーシャルメディアを組み合わせるなど、複数のメディアを活用した総合的なエンターテインメント体験を提供することが期待されます。
  2. 新たな収益モデルの開拓: 伝統的な広告収入だけでなく、朝日放送グループホールディングスは新たな収益モデルの開拓にも注力するでしょう。例えば、オンデマンド配信サービスの提供や有料コンテンツの展開、マーチャンダイジングやイベント事業の拡大など、多様な収益源を見つけ出すことで、収益の多角化を図ることが期待されます。
  3. パートナーシップの強化: メディア業界では、他の企業やクリエイターとの協業やパートナーシップが重要です。朝日放送グループホールディングスは、他社やクリエイターとの連携を強化し、コンテンツ制作やマーケティングの分野で共同プロジェクトを推進することで、相乗効果を生み出すことができるでしょう。

以上が、朝日放送グループホールディングスの今後の展望の一部です。メディア業界の変化に対応し、地域に密着した情報発信や魅力的なコンテンツの提供を続けるとともに、技術革新やグローバル展開、持続可能な経営など、さまざまな取り組みを通じて成長を目指すことが期待されます。

株主優待品リスト

オリジナルクオカード(500円)

株を始めるには

【株主優待】株主優待をもらうには『権利付き最終日』に購入する。「資産運用」株の始め方
株主優待をもらうには『権利付き最終日』に購入する。
株主優待のはじめ方【超初心者ガイド🔰】【やさしい株の勉強】『株の買い方』資産運用への道(新NISA)shareholder-benefits
株主優待のはじめ方【超初心者ガイド🔰】【やさしい株の勉強】『株の買い方』資産運用への道(新NISA)北の大地十勝

新NISA

【株主優待】年間受取一覧

【株主優待】株主優待年間一覧 (受取月別リスト) index shareholder-benefits
【株主優待】株主優待年間一覧 (受取月別)shareholder-benefits 株主優待リスト 北の大地十勝

お勧め本【お金の大学】

本当の自由を手に入れる

お金の大学【両@リベ大学長】

created by Rinker
¥1,540 (2024/05/28 20:52:04時点 楽天市場調べ-詳細)

北の大地十勝(北海道)に移住

移住のきっかけ(rural migration. the coumtryside Hokkaido)北の大地十勝・北海道移住 「自給自足スローライフを目指せ!」
移住のきっかけ(rural migration. the coumtryside Hokkaido)北海道移住 田舎暮らし、DIY、自給自足のスローライフ、

コメント

タイトルとURLをコピーしました