【やさしい株の勉強】アメリカ預託証書【ADR】とは (米株を購入するには)ADRは米国では課税されない!

FP・簿記・税金 株

ADR【米国預託証書】とは


ADRは、「American Depositary Receipt(アメリカ預託証券)」の略称です。ADRは、アメリカ市場で外国企業の株式を取引するための証券です。外国企業がADRを発行することで、アメリカの投資家に株式への投資機会を提供することができます。

ADRは、外国企業の株式をアメリカの預託銀行に預け、それに基づいて発行されます。一般的に、1枚のADRは、外国企業の数株または一定の比率の株式を代表しています。ADRの価格と取引は、アメリカの証券取引所(ニューヨーク証券取引所やナスダックなど)で行われます。

ADRを持つことで、アメリカの投資家は簡単に外国企業の株式に投資することができます。また、ADRの取引はアメリカの市場時間内で行われるため、投資家にとっては利便性が高いとされています。

ADR銘柄とは、アメリカ市場で取引される外国企業の株式を指します。ADR銘柄は、主に株式市場に上場していない外国企業や、海外市場での投資の際の為替リスクを避けるために利用されます。ADR銘柄は、アメリカの投資家にとって外国企業への投資手段を提供し、また外国企業にとってもアメリカ市場へのアクセスを容易にする役割を果たしています。

ADRは米国では課税されない!

ADRは米国では課税されない!アメリカ以外の外国企業の現地課税(現地の税制で非課税の国もあります、ちなみに英国は非課税)ただし、日本では課税後の配当に対しで特定口座(新NISA以外は20.315%)課税されます。

アメリカ預託証書(ADR)のメリットとデメリット

アメリカ預託証書(ADR)のメリットとデメリットを以下に示します。

メリット:

  1. アメリカ市場への参入機会: ADRを通じて、外国企業は比較的容易にアメリカ市場に参入することができます。これにより、アメリカの投資家による株式投資や資金調達の機会が広がります。
  2. 流動性の向上: ADRはアメリカ市場で取引されるため、外国企業の株式がより流動的になります。これにより、株式の売買が容易になり、投資家は必要に応じて取引を行うことができます。
  3. 為替リスクの軽減: ADRを通じて外国企業の株式に投資する場合、投資家は外国通貨との取引を行う必要がありません。これにより、為替リスクが軽減され、投資家は外国為替市場の変動から保護されます。

デメリット:

  1. 情報開示の差異: 外国企業の情報開示や会計基準は国によって異なる場合があります。そのため、ADRを通じて投資する場合、外国企業の情報開示の差異や理解の難しさによるリスクがあります。
  2. 政治的・経済的リスク: 投資先の外国企業がある国の政治的や経済的なリスクに晒される可能性があります。これにより、ADRの価値が影響を受ける可能性があります。
  3. 海外の市場に依存するリスク: ADRは外国企業の株式を表す証書であるため、その価値は外国企業の業績や海外市場の影響を受けます。投資家は外国市場の動向やリスクを注意深く監視する必要があります。

以上が一般的なアメリカ預託証書(ADR)のメリットとデメリットです。投資を行う前には、自身の投資目的やリスク許容度に基づいて慎重に検討することが重要です。

例えば『ブリティッシュアメリカンタバコADR(BTI NYSE)』は英国の会社ですがADRで米国で購入できます。

ブリティッシュアメリカンタバコADR(British American Tobacco ADR、BTI NYSE)は、ブリティッシュアメリカンタバコ(British American Tobacco、BTI)という英国の大手たばこ会社のアメリカ預託証券(American Depositary Receipt)です。ADRは、米国市場で外国企業の株式を取引するための一般的な方法です。ただし下落傾向なので高配当ですがリスクがありますので注意してください。

英国の他に中国、台湾など米国以外の会社の株(日本の会社の株も)ADRで購入できます。

この銘柄は新NISAを使ったら完全非課税⁈

おすすめ高配当ADR銘柄

  • BTI(ブリティッシュアメリカンタバコ)
  • VOD(ボーダホングループ)
  • BC(コロンビア政府系石油会社)

楽天証券で勉強しましょう。

楽天証券でADRについて学びましょう。

ADRの仕組み~ADRは株なの? | 米国預託証券(ADR)特集 | 特集 | 楽天証券
ADR(米国預託証券)とは、米国以外の国で設立された企業が発行した株式を裏づけとして米国で発行される有価証券です。このADRの仕組みを分かりやすく解説いたします。

米株の買い方

米国株式市場への投資は、一般的には以下の手順に従います。

  1. 口座開設: 米国株を購入するためには、まず証券口座を開設する必要があります。多くの証券会社やオンライン証券取引業者がありますので、自分に合った口座を選びましょう。一部の証券会社は、外国人投資家にもサービスを提供しています。
  2. 身元確認: 口座開設の際には、身元確認のために必要な書類や情報を提供する必要があります。一般的には、パスポートや住民票、銀行口座情報などが必要となります。
  3. 資金の入金: 口座開設後、資金を入金して取引に使用する必要があります。証券会社によって最低入金額が異なる場合がありますので、口座開設前に確認しましょう。
  4. 取引方法の選択: 口座開設後、証券会社の提供する取引プラットフォームを使用して、米国株式を購入することができます。オンライン証券取引業者では、ウェブサイトやモバイルアプリを通じて取引を行うことが一般的です。
  5. 銘柄の選択: 自分が投資したいと思う米国の企業の株式を選びます。個別の銘柄に関する情報を調査し、自分の投資目標やリスク許容度に合う銘柄を選びましょう。
  6. 取引注文の入力: 選んだ銘柄の株式を購入するために、取引注文を入力します。一般的な注文タイプには、市場価格での成行注文や指値注文があります。成行注文はすぐに約定しますが、指値注文は指定した価格で約定するまで成立しない場合があります。
  7. ポートフォリオ管理: 投資を始めた後は、ポートフォリオを定期的に管理しましょう。市況や企業の状況に応じて、銘柄の売買やポートフォリオの再調整を行う必要があります。

重要な点として、米国株式市場への投資にはリスクが存在することを認識しておく必要があります。株式市場は価格変動が激しく、投資元本を失う可能性もあるため、自分の投資目標やリスク許容度に合った適切な投資を行うことが重要です。また、米国株を購入するには為替リスクが伴う場合があります。

また、米国株式市場への投資には法的な制約や税金の考慮も必要です。自国の法律や税法に基づき、投資に関する規制や税金のルールを理解しましょう。特に外国人投資家の場合、米国税法に基づいて課税される可能性があります。

まとめ

日本株に慣れましたら、米国株にもトライしてみましょう。

米株を購入する際には、以下の点に注意することが重要です。

  1. リサーチを行う: 米株を購入する前に、株式市場や企業についての情報をリサーチしましょう。企業の財務状況、競合他社との比較、将来の成長見通しなどを確認し、株式投資の意思決定に役立てましょう。
  2. リスクを理解する: 株式投資にはリスクが付きものです。株価は市場の変動によって影響を受けますので、価格の上昇と下落の両方が起こる可能性があります。自分の投資目標やリスク許容度を考慮し、リスク管理の戦略を持つことが重要です。
  3. 分散投資を行う: 単一の米株に全てを投資するのではなく、ポートフォリオを分散させることをおすすめします。異なる業種や企業に投資することで、リスクを分散し、ポートフォリオ全体の安定性を高めることができます。
  4. 長期的な視点を持つ: 株式投資は長期的な視点が重要です。短期的な価格変動に左右されず、企業の成長や利益の安定性を重視しましょう。長期的な投資目標に基づいた戦略を立て、それに従って行動することが大切です。
  5. プロの助言を利用する: 株式市場は専門知識を要する複雑なものです。投資アドバイザーや証券会社のアナリストからの助言を活用することも考慮してください。しかし、すべての助言を鵜呑みにするのではなく、自分自身で情報を吟味し、判断することも重要です。
  6. 自己の財務状況を把握する: 投資に充てる資金は、自分の経済状況やリスク許容度に合わせて選ぶべきです。投資によって生活費や将来の目標に支障が出ないよう、自己の財務状況を把握し、資金計画を立てましょう。
  1. コストを考慮する: 株式投資には手数料や手数料、税金などのコストがかかります。投資先の手数料や取引コストを比較し、長期的な収益を最大化するためにコストを最小限に抑えることが重要です。
  2. 時間をかけた学習: 株式市場は複雑で変動が激しいため、投資の基礎知識を身につけることは不可欠です。投資に関する書籍やウェブサイト、セミナーなどを利用して自己学習を行い、市場の動向や投資戦略について理解を深めましょう。
  3. 感情に左右されない: 株式市場は感情の影響を受けやすい場所です。価格の変動やマーケットのニュースによってパニック売買や過度の興奮をすることは避けましょう。冷静な判断と長期的なビジョンに基づいた行動が重要です。
  4. 定期的な評価と調整: 投資ポートフォリオは定期的に評価し、必要に応じて調整することが重要です。企業の業績や市場環境の変化に対応するために、ポートフォリオの再バランスや株式の売買を行いましょう。

最後に、投資は個人の裁量に委ねられるため、自己のリスク許容度や投資目標に合わせた戦略を構築することが重要です。投資には一定のリスクが伴いますので、必ず自己責任で行うことを忘れずに注意してください。また、金融アドバイザーや専門家に相談することも適切な選択肢です


新NISAについて

株を始めるには。

【株主優待】株主優待をもらうには『権利付き最終日』に購入する。「資産運用」株の始め方
株主優待をもらうには『権利付き最終日』に購入する。
株主優待のはじめ方【超初心者ガイド🔰】【やさしい株の勉強】『株の買い方』資産運用への道(新NISA)shareholder-benefits
株主優待のはじめ方【超初心者ガイド🔰】【やさしい株の勉強】『株の買い方』資産運用への道(新NISA)北の大地十勝
【必須の本】『会社 四季報』(東洋経済)資産運用を始めるにはお勧め❗️『株式投資』『新NISA』『株の基本書籍』
【必須の本】『会社 四季報』(東洋経済)資産運用を始めるにはお勧め❗️『株式投資』『新NISA』

おすすめ本

本当の自由を手に入れる

お金の大学

両@リベ大学長

created by Rinker
¥1,540 (2024/05/28 20:52:04時点 楽天市場調べ-詳細)

今日が、人生で一番若い日です。

北の大地十勝(北海道)に移住

移住のきっかけ(rural migration. the coumtryside Hokkaido)北の大地十勝・北海道移住 「自給自足スローライフを目指せ!」
移住のきっかけ(rural migration. the coumtryside Hokkaido)北海道移住 田舎暮らし、DIY、自給自足のスローライフ、

コメント

タイトルとURLをコピーしました