【やさしい株の勉強】投資信託&上場投資信託(ETF)の違いを説明

FP・簿記・税金 株

投資信託(とうししんたく)とは

投資信託とETF(Exchange Traded Fund)の違いは、投資対象の違いにあります。投資信託は、投資家から集めたお金を、ファンドマネージャーが株式や債券などの金融商品に分散投資するもので、一般的には株式型、債券型、資産配分型、インデックス型などの種類があります。投資家はファンドマネージャーの運用成績に応じて受け取る配当や、投資信託の価格変動によるキャピタルゲインを得ることができます。

上場投資信託(ETF)とは

ETF(Exchange Traded Fund)は株式市場で売買される上場投資信託であり、特定の株式指数や商品価格指数に連動するように設計されています。ETFは、株式や債券などの金融商品に分散投資するのではなく、特定の指数に連動することが目的であり、取引所で直接購入や売却が可能な点が異なります。ETFは、投資家が購入したETFの単位数に応じて、ETFの所有権を持つことができ、そのETFが上場している取引所でいつでも売買できることができます。また、ETFは、低コストで取引できることが特徴的です。

代表的なETFの運用会社

バンガード

ブロックロック

ステートストリート

まとめ

2024年から始まる新NISAで投資信託をどのように運用するか、よく検討してできるだけ早く株主投資で資産運用を無理のない範囲で始めましょう。

ただし、資産運用はあくまでも自己責任で行うことは忘れずに知識マッチョを目指しましょう。

新NISAについて

株を始めるには。

【株主優待】株主優待をもらうには『権利付き最終日』に購入する。「資産運用」株の始め方
株主優待をもらうには『権利付き最終日』に購入する。
株主優待のはじめ方【超初心者ガイド🔰】【やさしい株の勉強】『株の買い方』資産運用への道(新NISA)shareholder-benefits
株主優待のはじめ方【超初心者ガイド🔰】【やさしい株の勉強】『株の買い方』資産運用への道(新NISA)北の大地十勝
【必須の本】『会社 四季報』『会社四季報プロ厳選500銘柄』(東洋経済)資産運用を始めるにはお勧め❗️『株式投資』『新NISA』『株の基本書籍』
【必須の本】『会社 四季報』(東洋経済)資産運用を始めるにはお勧め❗️『株式投資』『新NISA』

おすすめ本

本当の自由を手に入れる

お金の大学

両@リベ大学長

created by Rinker
¥1,540 (2024/06/18 21:54:45時点 楽天市場調べ-詳細)

北の大地十勝(北海道)に移住

移住のきっかけ(rural migration. the coumtryside Hokkaido)北の大地十勝・北海道移住 「自給自足スローライフを目指せ!」
移住のきっかけ(rural migration. the coumtryside Hokkaido)北海道移住 田舎暮らし、DIY、自給自足のスローライフ、

コメント

タイトルとURLをコピーしました