【家庭菜園】いちご苗栽培(strawberry・苺)(自給自足・スローライフ)北の大地十勝

ガーデニング

いちご栽培(strawberry)

いちごの品種(種類)


いちごの品種は非常に多くありますが、具体的な数を正確に把握することは困難です。世界中で数百から数千のいちごの品種が存在すると言われています。品種改良や交配により新しい品種が継続的に開発されているため、数が変動しています。

一般的ないちごの品種には、以下のようなものがあります:

  1. あまおう
  2. ゆうべに
  3. ゆめのか
  4. 章姫
  5. とちおとめ (Tochiotome)
  6. 紅ほっぺ
  7. 天使のいちご
  8. スカイベリー
  9. よつぼし (Yotsuboshi)
  10. やよいひめ

これらは一部の有名ないちごの品種の例ですが、数百以上の品種があるため、これに限定されるものではありません。また、地域によっても異なる品種が栽培されることがあります。

お勧めの品種【イチゴ・苺】

いくつかの人気のあるいちごの苗の品種の例です。ただし、地域や気候条件によって適した品種が異なる場合がありますので、自身の栽培環境に合った品種を選ぶことが重要です。

  1. とちおとめ (Tochiotome): 日本で非常に人気の高い品種であり、甘さと酸味のバランスが良く、果実の大きさも大きめです。早生品種で、比較的病気に強い特徴があります。
  2. よつぼし (Yotsuboshi): よつぼしは日本で広く栽培されている品種で、とちおとめと並ぶ人気があります。甘味があり、果実の色も鮮やかです。とちおとめと比べると、少し大粒な傾向があります。
  3. シャンテイクレール (Chandler): シャンテイクレールは国際的にも広く栽培されている品種で、非常に大粒で甘いいちごです。また、長い収穫期間を持ち、耐病性も高いため、栽培しやすい品種とされています。
  4. アルビオン (Albion): アルビオンは品種改良によって開発された品種で、大粒で甘みがあり、香りも豊かです。また、長い収穫期間と優れた耐病性を持っています。
  5. カマローザ (Camarosa): カマローザはアメリカで人気のある品種で、大粒で鮮やかな赤色を持ついちごです。甘みがあり、保存性も良いため、市場で広く出回っています。

これらは一部のおすすめのいちごの苗の品種ですが、さまざまな品種がありますので、自身の好みや栽培環境に適した品種を選ぶことが大切です。また、地元の園芸店や専門家からの助言や情報も参考にすると良いでしょう。

その他に『あまおう、ゆうべに、ゆめのか、とちおとめ、章姫』、あまえくぼ、さがほのか、さちのか、天使のいちご、紅ほっぺ、もういっこ、おいCベリー、とっておき、よつぼし、とちおとめ、スカイベリー、やよいひめ、ひのしずくなどなどやはり数えきれないほどあって迷いますね。

いちごの特徴&育て方

いちご苗の特徴:

  1. 多年生植物: いちごは多年生植物であり、適切なケアを行えば、数年間収穫を楽しむことができます。
  2. 蔓性の植物: いちごは蔓性(はびこる)の植物で、地を這うように茎を伸ばします。
  3. 花と実を同時につける: いちごは花と実を同時につけるため、収穫期間が比較的長くなります。

いちご苗の育て方の手順:

  1. 日当たりの良い場所を選ぶ: いちごは日光を好むため、日当たりの良い場所を選びましょう。
  2. 良い排水性の土壌を用意する: いちごは水はけの良い土壌を好みます。また、酸性の土壌が適しているため、酸性土壌を用意するか、酸度を調整するために石灰を添加することもあります。
  3. 栽培容器を準備する: 庭に直接植える場合は、十分なスペースを確保し、適切な間隔で苗を植えるようにしましょう。また、鉢植えで栽培する場合は、深さのある広い鉢を選びます。
  4. 良質な苗を選ぶ: 健康で元気な苗を選びましょう。根が白く、茎や葉がしっかりしているものが好ましいです。
  5. 植え付ける: 苗を植える前に、根を水につけておくと良いでしょう。株間を約30センチメートル程度空けて植え、根元を土で覆い、軽く押さえつけます。
  6. 適切な水やり: いちごは水を好む植物ですが、過剰な水やりは根腐れの原因になります。土の表面が乾いたら、適度に水を与えましょう。
  7. 肥料を与える: 成長期には、バランスの良い肥料を与えるとよいです。専用のいちご用肥料を使うか、有機質の堆肥を与えます。

四季なりイチゴと一季成りイチゴの違いは何⁈

いちごの休眠と一季成り、四季成りとの間にはどんな関係があるのでしょうか? 一季成りのいちごは冬から春に実がなり、その後は実を付けません。 一方、四季成りのものは夏や秋にも実を付けます。

いちごと相性の良いコンパニオンプランツ(我が家はにんにくとネギと一緒に育てています)


いちごの栽培において、いくつかのコンパニオンプランツが相性が良いとされています。以下にいくつかの例を挙げます:

  1. ネギ: ネギはいちごの周りに植えると、害虫の忌避効果があります。ネギの香りが虫を寄せ付けず、いちごの害虫被害を軽減することが期待されます。
  2. タマネギ: タマネギもネギ同様、いちごの周りに植えることで害虫の忌避効果があります。また、タマネギの香りが虫を寄せ付けないため、いちごの害虫防除に役立ちます。
  3. タンポポ: タンポポはいちごの近くに植えることで、いちごの根の成長を促進する効果があります。また、タンポポの根は土壌の緩やかな改良を行い、栄養素を供給することができます。(⁇たんぽぽは「雑草」なので植えなくても生えてきますので、我が家は植えませんが…)
  4. カモミール: カモミールはいちごの近くに植えることで、いちごの成長を促進し、風邪や病気から守る効果があります。また、カモミールの香りが害虫を忌避するため、害虫の被害を軽減することが期待できます。
  5. マリーゴールド: マリーゴールドはいちごの周囲に植えると、害虫の忌避効果があります。また、マリーゴールドの根から分泌される化学物質が線虫を駆除する効果もあります。

これらは一部のいちごのコンパニオンプランツの例です。ただし、地域や気候条件によっても適したコンパニオンプランツは異なる場合があります。いちごの栽培に際しては、地元の園芸店や専門家からのアドバイスや、自身の栽培環境に合ったコンパニオンプランツを選ぶことをおすすめします。

いちご【苺】の活用例

いちごは非常に多様な方法で活用することができます。以下に、いくつかのいちごの活用方法をいくつかご紹介します:

  1. 生食: いちごはそのまま生で食べることができます。洗ってから茎を取り除き、そのまま食べるか、デザートやフルーツサラダに加えると美味しいです。また、クリームやアイスクリーム、ヨーグルトと一緒に楽しむこともできます。
  2. ジャムやゼリー: いちごはジャムやゼリーに加工するのに適しています。砂糖と一緒に煮詰めて作るいちごジャムは、パンやクラッカーに塗って楽しむことができます。ゼリーにする場合は、フレッシュないちごを凍らせてから加工するとより美味しいゼリーができます。
  3. スムージー: いちごはスムージーの材料としても人気があります。他のフルーツやヨーグルト、ミルクと一緒にブレンドすると、さっぱりとしたいちごスムージーが完成します。必要に応じて甘みを調整することもできます。
  4. パイやタルト: いちごはパイやタルトのフィリングとしても利用されます。クリームやカスタードクリームと組み合わせて焼き上げると、美味しいいちごパイやいちごタルトが完成します。
  5. サラダ: いちごをサラダに加えることで、さわやかな味わいを楽しむことができます。グリーンサラダやチキンサラダにいちごをトッピングすると、彩りも華やかになります。
  6. フローズンデザート: いちごを凍らせてからブレンダーで混ぜると、シャーベットやスムージーボウルのようなフローズンデザートを作ることができます。アレンジ次第でさまざまな味わいを楽しむことができます。

これらはいくつかのいちごの活用方法の例ですが、いちごは創造力次第でさまざまな料理やデザートに活用することができます。また、季節のいちごを活用することで、より美味しい料理やデザートを楽しむことができます。

【トリビア】いちごの果実はどこ

いちご表面のツブツブが果実いちごの表面にあるツブツブは種ではなく、ひとつひとつが果実です。 それぞれのツブツブの中に種が入っています。 一粒のいちごは、200個から300個の果実が集まった「集合果」です。私たちが果実だと思って食べている甘い部分は、実際は茎の先端の花床(かしょう)が膨らんだ偽果(ぎか)です。驚きですね。

新入のいちご品種

よつぼし(ニュータイプ品種)

桃薫(とうくん)

(2024.6.)

(まとめ)いよいよ、ガーデニング本番

北の大地も暖かかくなってきました。いちごの花も咲き始め、いちごの実がなるのが楽しみです。

トニー@リベシティ/北の大地十勝 on Instagram: "#MyGarden #ガーデニング #北の大地十勝 #北海道十勝 #Flower"
11 likes, 0 comments - tokachi_sky on May 15, 2023: "#MyGarden #ガーデニング #北の大地十勝 #北海道十勝 #Flower"

各花、果実、野菜などの特徴と育て方の説明を『チャットGTP』にヘルプして頂き作成しました。参考になればと思います。

家庭菜園メリット

  1. 収穫の喜び:自分で育てた野菜や果物などを収穫する瞬間は、とても嬉しいものです。手間暇かけて育てたからこそ、その味わいも格別で、料理に使う時も一層美味しく感じます。
  2. 自給自足の達成感:自分で育てた果物や野菜などを食べることで、自給自足の達成感を味わうことができます。自分で栽培した食材を食べることで、より健康的な生活を送ることができるだけでなく、環境にも貢献することができます。
  3. 自然とのつながりを感じる:家庭菜園で育てることで、自然とのつながりを感じることができます。種をまき、水をやり、土を肥やし、成長を見守ることで、自然の力強さや神秘的な力を感じることができます。
  4. 家族や友人との共有:家庭菜園で育てた玉ねぎやネギを家族や友人と共有することで、より親密な関係を築くことができます。また、自分の手で育てた野菜をプレゼントすることもでき、相手に喜んでもらえることで、自分自身も幸せを感じることができます。

収穫の日を楽しみに、これからも頑張りたいと思います。

いちご苗をネットで探そう!

家庭菜園(ガーデニング)

北の大地十勝(北海道)に移住

移住のきっかけ(rural migration. the coumtryside Hokkaido)北の大地十勝・北海道移住 「自給自足スローライフを目指せ!」
移住のきっかけ(rural migration. the coumtryside Hokkaido)北海道移住 田舎暮らし、DIY、自給自足のスローライフ、

コメント

タイトルとURLをコピーしました