【家庭菜園】野菜苗植えつけ 玉ねぎ、ネギ、ブロッコリーなど植えつけ(自給自足・スローライフの始め方)#ガーデニング

スローライフ

野菜苗植えつけ(玉ねぎ、ネギ、ブロッコリーほか)

トニー@リベシティ/北の大地十勝 on Instagram: "#家庭菜園 #ガーデニング #野菜苗植えつけ #トマト・きゅうり・ナス・ピーマン・玉ねぎ・ネギ #スローライフ #自給自足 #ブログも見てね #北の大地十勝"
5 likes, 0 comments - tokachi_sky on April 30, 2023: "#家庭菜園 #ガーデニング #野菜苗植えつけ #トマト・きゅうり・ナス・ピーマン・玉ねぎ・ネギ #スロ�..."

ネギ(Green Onion)

ネギは、野菜の一種で、アジアを中心に世界中で広く栽培されています。ネギの育て方と特徴について説明します。

【ネギの育て方】

1.種まき ネギは、種をまいて育てることが一般的です。春先に播種することが多く、種まきの際には、種を浅くまいて、水をたっぷりと与えます。種をまいたら、土を軽く覆い、発芽まで湿度を保ちます。

2.間引き 発芽したら、適切な間隔で間引きを行います。間引いた苗は、育てたい場所に植え付けます。

3.水やり ネギは乾燥を嫌いますので、土が乾いたら水を与えます。水を与えすぎないように注意し、適度な湿度を保ちます。

4.肥料 ネギは、栄養分が豊富な土壌で育てるとよく育ちます。肥料を与える場合は、根元に肥料を散布します。

5.収穫 収穫は、ネギの葉が十分に育ったら行います。根元から刈り取り、水洗いしてから調理に使用します。

【ネギの特徴】

1.香りが強く、風味豊か ネギは、強い香りと風味が特徴です。料理に使うことで、味を引き立てます。

2.栄養価が高い ネギには、ビタミンCやビタミンK、食物繊維が豊富に含まれています。また、抗酸化作用がある成分も含まれており、健康にも良いとされています。

3.栽培が容易 ネギは、比較的育てやすい野菜です。種まきや間引き、水やり、肥料など、比較的簡単な手入れで収穫できます。

4.利用法が多彩 ネギは、炒め物や汁物、鍋物など、さまざまな料理に使われます。また、薬味としても利用されます。

玉ねぎ(Onion)

玉ねぎ、赤玉ねぎ

  1. 種を用意する 玉ねぎ苗を育てるためには、種から育てるか苗を購入するかのいずれかの方法があります。種を使用する場合は、早春から初夏にかけて種をまいて育てます。
  2. 土壌を用意する 玉ねぎ苗は、水はけのよい、肥沃で中性からアルカリ性の土壌を好みます。pH値が5.5〜7.0の範囲が適しています。土壌の準備には、堆肥を混ぜたり、石灰を散布したりすることがおすすめです。
  3. 植え付ける 種を直接植える場合は、種まきの前に土をよく耕してから、種をまいて軽く土をかけます。苗を使用する場合は、苗を適切な間隔で植え付けます。植え付け後、十分に水を与えます。
  4. 管理する 玉ねぎ苗は、日当たりの良い場所で育てるとよく育ちます。また、十分な水を与え、雑草を取り除くことが大切です。種をまいた場合は、発芽後に薄めることが必要です。
  5. 収穫する 玉ねぎ苗は、育て始めてから約60〜90日で収穫することができます。玉ねぎの葉がしおれてから収穫すると、より甘くて柔らかい玉ねぎが収穫できます。

玉ねぎ苗の特徴は、比較的短い期間で収穫できることや、種から育てることができることが挙げられます。また、収穫後すぐに食べられるほか、保存も可能です。玉ねぎ苗には、ビタミンCやカリウム、食物繊維が豊富に含まれており、健康にも良い食材として知られています。

ブロッコリー (broccoli)

ブロッコリーは、ビタミンやミネラルを豊富に含み、健康的な野菜として人気があります。いままではブロッコリーの苗からでしたが、今回初めて種からの挑戦です。

以下は、ブロッコリーの育て方と特徴です。

【育て方】

  1. 土壌の準備:ブロッコリーは肥沃で水はけの良い土壌を好みます。堆肥や有機物を入れて肥やし、石灰を散布して土壌のpHを調整します。
  2. 植え付け:春または秋に種をまいてもよいですが、苗を購入して植えることもできます。苗を植える場合は、地上部分が1-2cm程度地面からはみ出すように植えます。
  3. 栽培:日当たりの良い場所に植え、水やりを適宜行い、雑草の除去や肥料の追加を行います。また、ブロッコリーは寒さに弱いため、霜が降りる前に収穫する必要があります。

【特徴】

  1. 栄養価:ブロッコリーはビタミンC、ビタミンK、カルシウム、カリウム、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれています。また、抗酸化物質の一種であるスルフォラファンも含まれており、がん予防に効果的だとされています。
  2. 味わい:ブロッコリーは苦味がありますが、独特の風味があり、調理法によっては美味しく食べることができます。
  3. 使い方:ブロッコリーはサラダやスープ、炒め物など様々な料理に使うことができます。また、茹でたり蒸したりして単品で食べることもできます。

(まとめ)いよいよ、ガーデニング本番

少しずつ暖かい日が続き桜も散り、北海道もいよいよ家庭菜園本格的になり、野菜の苗の販売も多くの種類が出始めました。野菜苗も追加買い足しをして、我が家も家庭菜園(ガーデニング)が本格的始動です。

家庭菜園メリット

  1. 収穫の喜び:自分で育てた玉ねぎやネギを収穫する瞬間は、とても嬉しいものです。手間暇かけて育てたからこそ、その味わいも格別で、料理に使う時も一層美味しく感じます。
  2. 自給自足の達成感:自分で育てた野菜を食べることで、自給自足の達成感を味わうことができます。自分で栽培した食材を食べることで、より健康的な生活を送ることができるだけでなく、環境にも貢献することができます。
  3. 自然とのつながりを感じる:家庭菜園で育てることで、自然とのつながりを感じることができます。種をまき、水をやり、土を肥やし、成長を見守ることで、自然の力強さや神秘的な力を感じることができます。
  4. 家族や友人との共有:家庭菜園で育てた玉ねぎやネギを家族や友人と共有することで、より親密な関係を築くことができます。また、自分の手で育てた野菜をプレゼントすることもでき、相手に喜んでもらえることで、自分自身も幸せを感じることができます。

収穫の日を楽しみに、これからも頑張りたいと思います。

近くで希望の苗(種)など見つからない時はネット

created by Rinker
¥966 (2024/06/19 09:05:04時点 楽天市場調べ-詳細)

Instagram

Instagram

家庭菜園(ガーデニング)

北の大地十勝(北海道)に移住

移住のきっかけ(rural migration. the coumtryside Hokkaido)北の大地十勝・北海道移住 「自給自足スローライフを目指せ!」
移住のきっかけ(rural migration. the coumtryside Hokkaido)北海道移住 田舎暮らし、DIY、自給自足のスローライフ、

コメント

タイトルとURLをコピーしました