【株主優待】株主優待をもらうには『権利付き最終日』に購入する。「資産運用」株の始め方

株主優待

『権利付き最終日』とは

この日までに株をもっていれば優待がもらえる日です。(1日だけの株主でもいい会社もあります※)

詳しくはそれぞれの会社の株主優待制度を確認してください。長期保有が必要な会社が増えています。

権利確定日

権利付き最終日から中1営業日後が権利確定日です。ただし市場が開いていない土、日、祝日などの非営業日を含めない。

権利付き最終日の翌日に株を売っても基本的OKです。

権利付き最終日に株を購入していれば株の名簿にのるので、翌日に売っても優待の権利は大丈夫ですが、長期保有の設定や会社独自の基準日に優待を設定している場合があるので注意が必要ですので、それぞれの会社の内容を確認しましょう。

基本的に長期保有がお勧め

株主優待を得るためにクロス取引などを行う方もおられますが、私個人的にはお勧めしません。

株はあくまでも配当のインカムゲインと値上がりを得るキャピタルゲインを得るのが最大の目的で、株主優待はおまけとして考えておく方いいでしょう。

したがって、目先の株主優待で選ぶのでなく、会社の業績などをよく理解して成長性のある会社を応援してお互いに利益を得るとの考えが長続きするコツだと思います。

まとめ

  1. 株主への特典: 株主優待は、株主に対する特典として提供されるもので、企業からの感謝の印として受け取ることができます。
  2. 追加の利益: 株主優待は、通常、割引価格で企業の製品やサービスを購入する機会を提供し、株主にとって追加の割引や利益をもたらします。
  3. 資産価値の向上: 株主優待を受けることで、株式の保有感が高まり、株式の長期保有につながる可能性があり、資産価値の向上に寄与することがあります。
  4. 企業とのつながり: 株主優待を受けることで、企業とのポジティブな関係を築く機会が生まれ、将来的な情報や機会のアクセスが得られる可能性があります。

ただし、株主優待には一定の条件や制約があることが多く、株主の持分や企業によって提供される特典が異なります。したがって、具体的な株主優待プログラムについては、企業の公式情報を確認することが重要です。

【株主優待】年間受取一覧

株を始めるには 【重要】

株の買い方

大事な4つの指標『PBR・PBR・ROE・ROA』

新NISA

貸株

かふの基本知識『権利付き最終日

投資信託と上場投資信託ETFの違い

ADRアメリカ預託証書

クロス取引

ポイ活

初心者でも安心!ポイ活応援サービス モッピーで“ポイ活”はじめよう | ポイ活するならモッピー|ポイントサイトの副業で副収入・お小遣い稼ぎ
モッピーは、運営実績15年以上!累計1,000万人以上が利用しているポイントサイト。サイト内で商品購入やアンケート回答、ゲームをすると「1ポイント=1円」のポイントが貯まっていきます。貯めたポイントは、現金やお好きな他社ポイントに交換するこ...

【資産運用必須の本】会社四季報

created by Rinker
¥3,300 (2024/06/18 19:10:09時点 楽天市場調べ-詳細)

おすすめ本【お金の大学】

お金の大学

株主優待ハンドブック

北の大地十勝(北海道)に移住

移住のきっかけ(rural migration. the coumtryside Hokkaido)北の大地十勝・北海道移住 「自給自足スローライフを目指せ!」
移住のきっかけ(rural migration. the coumtryside Hokkaido)北海道移住 田舎暮らし、DIY、自給自足のスローライフ、

コメント

タイトルとURLをコピーしました